セックステクニックを磨く

性に開放的になる

お互いが協力し合うことが大事

夫婦生活を円滑にこなす上で大事なのが実は性行為の熟練度によって大きく変わってきます。

セックスの相性の良し悪しと言うのは無いという人もいますが、相性が合うという人は長続きするものですし、長年連れ添っていたとしても性行為をするものです。

一緒にいればいるほど性行為をする機会と言うのはどんどん下がっていってしまいます。

それが緩やかに回数が年齢を重ねるごとに下がっていくのか、それとも急になくなってしまうのではまた違ってきますよね。

性行為をするのであればお互いに気持ちよくなりたいものですからいつも同じようなマンネリ化したセックスではなくて工夫する事が大切です。

特に日本人の性事情というのは淡白なセックスと言われていて、海外のようにスポーツのような感覚で性知識に対してしっかりと夫婦で話し合ったりしているのです。

AVなどに関しては日本はかなりの本数を出していて世界中からそういったアダルトサイトにアクセスが集まるのにも関わらず、実際の性行為に対しては淡白と言うのはなんだかおかしいですよね。

特に女性に関しては男性の射精の何倍もの快楽を味わえると言われているほどです。

大好きなパートナーに対してほど気持ちよくなって欲しいと思って性行為に対してもっと積極的になりましょう。

ただし、勘違いをしてはいけないのがAVの演出を真に受けてはいけないということです。

出演しているセクシー女優の多くはあくまで演技であるということを分かって欲しい、実生活ではあんな性行為を求めてはいないという人がほとんどです。

あくまでも演技だから参考にしないで欲しいといっています。

参考にするのであれば最初の出演時の男優を参考にして欲しいと言っています。

激しくなくて優しく包み込むような性行為をしています。

また大事なこととして独りよがりなセックスをしてはいけません。

性行為と言うのは1人ではできません。大好きなパートナーがいて成り立ちます。

ですので2人でお互いの体を開発していく必要があります。

また単純に性行為のスキルを向上させるだけではなく、いつも同じ場所でしかしていないのであれば遠出をしてホテルでしてみたりして気分転換をするのもいいでしょう。

他にもソフトSMなどの目隠しや手縛りなどの痛みを伴わないようにして変化をつけてみるのもいいでしょう。

時にはコスプレなどをしてみるのもいいのではないでしょうか?

ちょっとしたシチュエーションやプレイを変えるだけでも全然マンネリ化を防ぐことも出来ます。

日本ではHに対してどこかタブー視している部分もあるかもしれませんが、別に悪いことをしているわけでもありませんからしっかりとお互いに気持ちを高めあっていくようにしましょう。