レビトラ

最短15分から効きはじめる

咄嗟の対応も出来る

日本におけるED治療薬の中で最も使われているのがレビトラだといえるのではないでしょうか?

バイアグラの次にドイツのバイエル社から発売されるということもあって発売前から期待が大きかったED治療薬です。

レビトラの特徴として挙げられるのが薬を服用してからの即効性が挙げられます。

バイアグラは空腹状態で服用しても大体1時間ぐらいかかっていました。

ですが、レビトラの場合は最短15分から効果を発揮し始めます。

つまり咄嗟のベッドインになっても十分に対応できるのです。

例えば夫婦でベッドの中で過ごしていたら急に性欲が出て性行為をしたくなったときなんかもバイアグラの場合は服用してから1時間ぐらいは待たなくてはいけませんでした。

1時間も待っていたら人によっては性欲が収まってしまうということもありますよね。

それがレビトラの場合は15分で効果が出始めるわけですから服用してから性行為を始めても十分に間に合いますよね。

家の中にいる時ももちろん使い勝手がいいですし、何よりも付き合いたてのカップルの場合はどのタイミングで性行為をするのか分からないという人もいます。

急な展開でホテルに入ることになったという時でもレビトラならばホテルに入った後でも十分に間に合います。

先にお風呂に入らせている段階でレビトラを服用して、その後に自分もお風呂に入ればその間に薬の成分が行き渡りますよね。

またレビトラの効き目もバイアグラも長くて最大10時間となっています。

レビトラもバイアグラと同様に3つの規格から発売されており【5mg錠、10mg錠、20mg錠】です。

主成分であるバルデナフィルの含有量によって分けられていて5mg錠に関してはあまりバルデナフィルが含まれて以内と言う理由から日本の病院でも滅多に処方されません。

大体、標準的な日本人の体型であれば10mg錠でも十分に効果を発揮すると言われています。

10mg錠でも大体最大6時間ほど効果を発揮して、20mg錠ともなれば最大10時間ほど効果があります。

付き合いたての場合は一度の性行為では満足で機内と言うケースもありますよね。そんなときにED治療薬の薬の効果時間を気にしてしまって逆に気持ちが焦ってしまって出来なくなってしまったというパターンもあるかもしれません。

そんな時でもバイアグラは最大10時間もの間効果があるので十分に2回戦を行う事だって可能なわけです。

つまりレビトラの場合はどんな時でも対応が出来てそして十分に効果を発揮することが出来る非常に使い勝手のいいED治療薬であるということが分かります。

1つ気をつけて欲しい点としてレビトラもバイアグラと同様に食事の影響を受けやすいという点です。

ネットで調べたら食事の影響は受けないと書かれているところもありますが、基本的には食事の影響を受けやすいので食べたものが胃の中で空っぽになる食後2時間以上(脂っこい中華料理などの場合は5時間ほど空ける)、もしくは空腹時の状態で服用しておくことが望ましいです。

そんなレビトラを試して見たいという人にはやはりレビトラのジェネリック医薬品を試して欲しいです。

日本ではまだバイアグラしかジェネリック医薬品として認められていません。

海外ではレビトラのジェネリック医薬品がインドで発売されています。

しかし、レビトラのジェネリックが今後市場に出回らないということが懸念されています。それがインドのジェネリック医薬品がレビトラの特許を侵害しているという判決を受けて今後レビトラのジェネリック医薬品の製造が停止されました。

これによって現状製造されている在庫分しか販売されることが無いので必然的に無くなってしまいます。

もしレビトラのジェネリック医薬品を購入したいと思っている人はなるべく早く購入をしておいた方がいいと思います。

今後レビトラのジェネリック医薬品が製造される目処は無いので、もしレビトラジェネリックを試して効果が実感できたらまとめて購入しておきましょう。

ED治療薬の消費期限は2年間と長いので長期保存も可能です。

レビトラを試したことが無いという人は是非とも即効性をご自身で感じて欲しいです。