勃起不全を解消

最初は薬に頼る

EDになった原因を把握する

長く一緒に暮らしていればいるほど実は性行為と言うのはとても重要なものになってくるのです。

もちろん毎日のようにHをすればいいというものでもありませんが、やはり1週間に1度、2週間に1度ぐらい、最低でも月に1度程度は性行為をする事が大切なんです。

昔のように若くないから!とか女房が子供を産んでから女として見れなくなったからという理由で性行為をする気持ちになれなくなる気持ちも分からなくもないですが、やはり性行為と言うのは夫婦の絆を確かめ合う意味でも大事です。

毎日一緒にいることでお互いのありがたみだったり、居て当たり前ということになってきてしまいます。

付き合いたてというのはラブラブで常にイチャイチャしていたと思いますが、それでも結婚をして何年も過ごしていれば新鮮味と言うのが無くなって日常会話も減ってきてしまいますよね。

お互いに会話が無くなれば相手のいやな部分が見えてきてしまうものです。

そうなってしまうと小さな憤りや不満を溜め込んでしまって発散できなくなってしまうものです。

そういった徐々に溜め込んだストレスがちょっとしたことがキッカケで爆発をしてしまってお互いに修正不可能な関係になってしまうものです。

そんな小さなストレスや不満を解消してくれる場所がHの場所なんです。

裸の付き合いと言うものがあるようにHをする前の会話で普段の不満を言えたり、Hが終わった後にちょっとギクシャクしていた関係を元に戻したりすることが出来る夫婦の大切な営みでもあるわけです。

ないがしろにしてはいけません。

ただ、それが男性が勃起不全で十分な性行為が出来ないともなるとますます性行為から、夜の夫婦の話し合いの場がなくなってしまいますよね。

もちろん今はED治療薬である程度解消をする事が出来ますが、金銭的余裕がない人もいたり、副作用が辛くて性行為をするのが苦手と言う人もいるでしょう。


中には服用したけど効果が無かったという人も居るかもしれません。

そういった人は勃起不全を自ら解消する必要があるわけです。またED治療薬が効いていて使っている人でも出来れば自分で勃起をしたいと考えることでしょう。

勃起不全になってしまったのは年齢のせいかな?って思っている人もいるかもしれませんが、実は年齢だけが原因ではないんです。

EDには色々な原因があるのでどれに当てはまっているのか?1つだけではなくて複数当てはまっているのかを判断しましょう。

まずEDの最も原因として挙げられるのが糖尿病や高血圧・脂質異常症が原因で起こります。

勃起をするというのは陰茎海綿体に血流を集めて硬く大きくなるものですが、この血流の流れが悪いとうまく血流がありません。

高血圧や脂質異常症・糖尿病の多くは体内の血流が悪くて十分な血流が集まらなくて勃起不全になってしまいます。

特に糖尿病患者のおよそ8割の人が自信が勃起不全だと言う自覚をしています。

勃起不全の一番の原因は実は糖尿病などによる病気のサインでもあります。ここ最近萎えてしまうなって思ったらまずは病院で検査をして見ましょう。

そして次に多いのがやはり年齢による性欲減衰、性欲自体に対する欲求が少なくなるのが原因として挙げられます。

性に対して積極的にまずは最後まで出来なくてもまずはイチャイチャしながら過ごすようにしてみましょう。

他には仕事に対するストレスなどが挙げられます。

毎日朝から晩まで働きづめで家には寝に帰っているような毎日で休みもほとんどない状態で疲れきっている状態の場合はもう性欲なんて沸かないという日々が続いて勃起をしない、射精をしないということ自体が当たり前になってしまって勃起の仕方を体が忘れてしまったら勃起不全になりやすくなります。

仕事が大変でも少しでもいいのできちんと射精をして発散させるように意識して行いましょう。

また昔に付き合っていたパートナーからHが下手などの心無い一言がトラウマとなってしまってH自体に苦手意識だったり、自分から遠ざかってしまったりするといざHをする場所になった際に勃起不全になってしまうのです。

Hが最初から上手な人なんていません。

最初は下手でもいいのできちんと今のパートナーに事情を説明をして2人で乗り越えていくようにしましょう。

他には手術の影響だったりなどもあります。

まずは自分は何で勃起不全になってしまったのか?というのを理解することが大切です。