シアリス

別名ウィークエンドピル

妊活中にもオススメ

日本で発売されているED治療薬といえばバイアグラとレビトラ、そしてシアリスの3つですよね。

特にこのシアリスは日本で処方されるED治療薬としては最も新しい薬です。

このシアリスを含めたバイアグラ・レビトラを3大ED治療薬と称することもあります。

そんな中でこのシアリスですが、3大ED治療薬の中では最も新しいのにも関わらず、全世界のシェア率が42%を超えて世界一位にも選ばれたことがある実績を持っています。

もちろん新しい薬だから使ってみたいというもの珍しさで利用した人もいるかもしれませんが、やはりシアリスは他のED治療薬にはない特徴があるからです。

別名「ウィークエンドピル」と呼ばれるシアリスの最大の特徴は持続作用時間の長さです。

シアリスは他のED治療薬と同じように3つの企画で販売されていて、【5mg錠・10mg錠・20mg錠】の3つです。

この違いは主成分であるタダラフィルの含有量の違いで分けられていて5mg錠に関しては含有量は少ないのでほとんど病院でも処方されることはありません。

日本人の体型であれば大体10mg錠で十分に効果を発揮すると言われています。

まず病院で最初に処方されるのは10mg錠です。

10mg錠の薬の効果時間は最大24時間です。そしてさらに20mg錠の場合は最大36時間、つまり1日半もの間効果が続くのです。

これだけ長い間効果が持続するED治療薬は他にありません。

つまり週末の金曜日の夕方に1錠20mg錠を服用しておけば日曜日の朝まで効果をもたらすので1錠で週末を乗り切れることからウィークエンドピルと呼ばれるようになったのです。

また妊活をしている人にもオススメの理由としては妊活の最初の1歩として妊娠しやすい日の2・3日前に性行為をする事が望ましいわけです。

今日は子作りの日だなって思えば昼食後の2時間後に飲んでおけば飲み忘れの心配もないですし、それから2日続けて性行為をすることも出来るので経済的にもお得ですよね。

妊活をする上で男性は必要最低限必ず性行為をするというのが女性から求められます。

しかし、意外とプレッシャーによって萎えてしまったり中折れしてしまう男性も多くED治療薬を服用して妊活に臨む人も多いのです。

ウィークエンドピルであるシアリスならば1錠さえ飲んでおけば後は大丈夫と言うこともあり、夫婦に特に愛用されています。

またシアリスはバイアグラやレビトラと違って食事の影響を受けづらいというのがあります。

800kcal未満で脂質が30%以内であれば食事をした後でもシアリスを服用しても効果があると言われています。ただし、空腹時にシアリスを服用して十分に薬を行き渡らせたほうが効果は高いです。

とはいえ空腹状態で性行為をしたくないと言う人にもオススメできますよね。

ただし、1つだけ気をつけて欲しい点としてシアリスは薬を服用してから効果が現れるまでに時間がかかるということです。

大体バイアグラの場合は服用してから1時間、レビトラに関しては20分ぐらいですよね。

シアリスに関しては薬を服用してから平均して3時間ぐらいから効果が現れ始めるのです。また個人差も大きく1時間で効果が現れ始める人もいれば4時間経って効果が出始めたという人もいます。

人によって差が生じやすい中央値として3時間ですのでまずは薬の効果が現れるまでに時間がかかるということを覚えておきましょう。

とはいえ最初に1錠飲んでさえしまえばいいので気にしないで良いのです。

またシアリスは最初に胃の中が空の状態で服用して2時間経過して十分に体内に薬が行き渡ればその後は普通に食事をしても問題ないので最初に1錠飲んでおくということをしておきましょう。

シアリスのジェネリック医薬品も世界では発売されていて、医薬品個人輸入を利用すれば安く手に入れることが出来るので簡単です。

世界NO.1にも選ばれたシアリスは絶対に試してみる価値が高いです。