アバナ

日本ではまだ発売されていない

これまでのED治療薬の良い所取り

世の中の医薬品と言うのは常に新しいものが誕生しています。

やはり新しいものと言うのはこれまでに生まれてきたものを昇華させてよりいいものへとなっていき、日進月歩の世界と言えるでしょう。

ED治療薬の世界も同じです。

ED治療薬の世界ではバイアグラ・レビトラ・シアリスの3つが3大ED治療薬と呼ばれています。

それほどまでに世界中で愛用されており、非常に知名度も高いでしょう。

しかし、ED治療薬と言うのはこの3つしかないと思っている人もいます。

色々な種類があるのですが、やはり一番メジャーなのが経口薬ですよね。そんな経口薬の中でこの3つの次に誕生した次世代のED治療薬と言われているのがステンドラと呼ばれるものです。

アバナじゃないのかい!って思うかもしれませんが、実は日本ではなじみのない第4のED治療薬でもあるステンドラのジェネリック医薬品がアバナなんです。

もはや世界では最新の薬のジェネリック医薬品が日本では知られずに世界中で知られているのです。

日本は先進医療国ではなくてどちらかといえば先進国の中では後進医療国に当たります。認可されるまでにかなり時間がかかるのでどうしても世界で作られている薬よりも遅れて発売されてしまうのです。

日本ではまだ発売されていないこのステンドラ(アバナ)ですが、どういった特徴があるのかと言うと、これまでに発売されたED治療薬の良い所取りです。

レビトラのような即効性とシアリスのように食事の影響を受けないと言われていて、両方の良いところを兼ね備えていると言っていいでしょう。

薬の効果時間はちょっと短くバイアグラと同等の5時間程度と言われています。

しかし、性行為をする上で5時間と言うのは十分すぎるものです。

レビトラをこれまで試していた人からしてみれば空腹時では性行為をしたくないなって思っていた人やシアリスは遅行性だからゆっくりと効いて来るから即効性が欲しいと思っていた人はかなり魅力的だと感じるでしょう。

とはいえ日本では未認可のためどうしても手が出せない!と言う人もいるのではないでしょうか?

そんな人でも安心できる要因の1つとして、そもそもステンドラの主成分である、アバナフィルというのは日本の製薬会社である田辺三菱製薬会社によって作られていました。

それを日本とアジアの一部をのぞいた全世界の販売権をアメリカのヴィヴス社に譲渡したのです。

日本の製薬会社がそもそもアバナフィルを開発していたということは未認可と言うことが気になるという人でもかなり信頼性が高いとも言えるかもしれません。

またもうすでにステンドラのジェネリック医薬品が販売されているということはそれだけ世界中の人が利用されているからこそジェネリック医薬品を使っているわけですよね。

ステンドラの1錠あたりの値段に関してもやはり大体1,800円~2,000円ぐらいかかるということを踏まえたら最初からジェネリック医薬品であるアバナを利用しておけばいいですよね。

医薬品個人輸入代行サイトを利用することでまとめて購入すれば1錠あたりの値段もかなり抑えた形で最新のED治療薬を利用することが出来るわけですからまずはお試しで使用してみて自分に効果があるかどうかを判断して使いやすければアバナを使い。

自分に合う合わないを判断しましょう。

ED治療薬の中でも使いやすさは抜群ですので試してみる価値はあると思います。